元・海外旅行ツアコンの「添乗員ノート」

元ツアコンの添乗員ノート:「添乗員の目線」で見ると、世界はもっと面白くなる!

*

エジプトからカーペットが届きました。

      2016/01/10

 

フェイスブックで友達になったアカウント、エジプトメトロポリタントラベルさんから画像をいただきました。エジプトのカーペットと機(はた)織物です。

 

 

【シルクのカーペット】

エジプトのカーペットには絹と羊毛があるそうです。絹のカーペットは織り目がとても細かいので、
指の細い子供たちが織っているのだとか。
12167779_1683681205251625_1448203043_n

画像提供:エジプトメトロポリタントラベル

12177756_1683681038584975_1022688939_n

画像提供:メトロポリタントラベル

絹カーペットを1メートル織るためには3ヶ月かかるそうです。他の素材よりも薄くしなやかに仕上がります。

 

【布のカーペット】

12047320_1683630548590024_233290542_n

画像提供:メトロポリタントラベル

メトロポリタントラベルさんの説明では「布のカーペット」とのことでした。見た目から、羊毛かな?と思いますが、シルク以外のカーペットの材質には、羊毛・ヤギの毛・ラクダの毛なんかも使われていた気がします。

羊毛のカーペットは厚く、しっかりとした手触りに仕上がります。あたたかいので、冬なんかに使いたい感じですね。

ヤギの毛だと…使う部分によってはいい感じに仕上がるのかも?インド・チベットのパシュミナなんかはヤギのいちばん柔らかい毛を使った織物で、軽くて柔らかく暖かいです。しかし、ヤギもピンきり、使う毛の部分によってもピンきり。

ラクダだと…「キャメル」と言えば昭和中ごろまでは、「ラクダのももひき」が日本のお父さんの必需品でした。(今も愛用されているのかも?)キャメルは高級ファブリック素材のひとつですね。

調べたところ、柔らかく上質な毛がとれるのはモンゴルや中国新疆のふたこぶラクダから。アラビア半島からサハラ砂漠にいるのはひとこぶラクダで、そちらからは上質な毛は取れないそうです。日常使いにする分には悪くないかもしれません。

12170533_1683630491923363_923245299_n

画像提供:エジプトメトロポリタントラベル

カーペットを買う時には、手触りを確かめるのがいいと思います。織り目の細かさは、裏を見るとわかると言われています。

 

【メトロポリタントラベルについて】

私にとってエジプトは「ツアーで行くのが普通」なディスティネーションだったのですが、エジプトメトロポリタントラベルは個人旅行者向けのようです。
エジプト観光省のライセンス取得、エジプトのツアーオペレーターのカテゴリーでトップのAグレード認定とサイトに記載されています。

口コミは日本語・英語とも見つけることができませんでした。メトロポリタントラベルを利用した方は、ぜひ口コミを書いてあげてください。
メトロポリタントラベルのフェイスブックアカウントではエジプトに関するニュースや画像、動画を更新しています。コメントすると日本語でお返事くれたりします。

メトロポリタントラベルのサイト内容を見ると、日本-カイロのエアチケットは別で、エジプト国内ツアーの設定を3泊4日から出しています。(日本発着だと往復とも機内泊になりますから、実質は6日間の旅行になりますね)
周遊ツアーの他に、エジプト各地へのオプショナルツアーもあります。

カイロを基点としてエジプト滞在し、「ルクソールは行かないで、アレキサンドリアには行きたい」
などのこだわりがある人には便利ですね。その他の希望も、サイトには書いていなくても、オーダーメイドの旅の相談をしてみてもいいかもしれません。

ツアーのメリットとデメリット、個人旅行のメリットとデメリット、両方あるので、自分の旅の目的・予算・旅行できる日程、楽ちんさ・自由度などで検討するのが良いと思います。

個人でエジプトに行こうかな?と思う方は、エジプトメトロポリタントラベルも検討してみてくださいね。

メトロポリタントラベルさんからいただいた画像やフェイスブックで教えてもらった話、まだあります。この記事を書いているうちに、エジプトやイスラム圏の国々のこともいろいろ思い出しました。
また別の記事いくつかに分けてご紹介します!

 

【ランキング:添乗員・ツアコン カテゴリー参加中!】

クリックしていただけると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 - ★イスラム圏 , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
stats
for wordpress