元・海外旅行ツアコンの「添乗員ノート」

元ツアコンの添乗員ノート:「添乗員の目線」で見ると、世界はもっと面白くなる!

*

【第38回海洋博公園花火大会開催決定】沖縄・三大花火大会は4月・7月・12月!

      2017/06/12

 

本土で開催される花火大会は圧倒的に8月が多いですが、沖縄のスケジュールは違います。8月は観光客が増える・沖縄最重要行事である旧盆と重なりやすい・その時期にはエイサー祭りもある、などの理由ではないかと思いますが…今回は沖縄の花火大会情報をまとめてご紹介します!

※最新のスケジュールや料金、前売り開始時期などは公式サイトにてご確認ください。

【4月・宜野湾市 JAL琉球海炎祭】

日本一早い花火大会で、4月初めに沖縄本島中部の宜野湾で行われます。
打ち上げられる花火は10,000発、
音楽に合わせて沖縄の広い夜空に開く大輪の花火を楽しむことができます。

2016年は4月9日(土)に開催され、沖縄だけでなく日本各地や台湾からも観客が集まりました。
前売り券販売は2月下旬から開始され、3月上旬には指定席は完売になるほどの人気!
販売開始前から公式サイトをチェックし、発売直後に購入する必要があります。

見出し画像は上の動画からお借りしました。
第13回 琉球海炎祭(2016.04.09) meijiメドレー – YouTube by moncha2000

開催日:例年は4月第一土曜日(雨天決行・強風など悪天候時は翌日に順延)
打ち上げ数:10,000発
会場 :宜野湾海浜公園(宜野湾トロピカルビーチ)
駐車場:前売り1100円 当日1200円(たいへん混雑するため前売り券購入がおすすめ)
入場料:大人 前売り2700円当日3300円~前売り86400円当日91200円(8名用SS席)
小・中学生 前売り1600円当日2200円~(指定席の場合は子供料金なし)
※前売りで完売した場合は当日券販売なし
詳細・問い合わせ先:http://www.ryukyu-kaiensai.com/archive/2016/spring/

※データは2016年のものですが、上記サイトのお問い合わせフォームはまだ使えるようです。

 

 

【7/16・海洋博公園サマーフェスティバル2016
『第38回海洋博公園花火大会』】

沖縄本島北部に位置する海洋博公園は「美ら海水族館」がある場所としても有名。
水族館以外にも、植物園や海の歴史博物館、プラネタリウム、遊歩道、エメラルドビーチなどがあり、
ゆっくり散策したいところです。

海洋博公園花火大会はエメラルドビーチで行われます。
自由席の場合は早くから良い場所を確保したほうが良いですが、
昼間は日射病に、日没後は海風による意外な冷えに注意。
花火が始まるのを待ちつつ、オリオンビールを飲みつつ、
沖縄の太陽の下、海風に吹かれながらゆったりとした時間を過ごすのは贅沢な時間です。

例年の打ち上げ数は10,000発ですが、
2016年は海洋博公園40周年を記念して、大幅増量のなんと14,000発!
沖縄最大規模の花火大会となります。(相当な人気と混雑が予想されます…)

開催日:7月第3土曜日 ◆2016年開催決定!7月16日(土)
(雨天や悪天候の場合は状況により中止・順延なし)
会場:沖縄県本部町石川424(海洋博公園内エメラルドビーチ)
打ち上げ数:14,000発
開場:   開始:20:00
駐車場:無料3000台(当日はかなりの混雑)
入場料:無料(安全のため入場規制がある場合も)
詳細:海洋博公園サマーフェスティバル2016(第38回海洋博公園花火大会)開催決定! | イベント情報 | 海洋博公園 Official Site
問い合わせ先:0980-48-2741(海洋博公園管理センター イベント・広報担当)

 

 

【12月・中頭郡西原町 X’MAS MUSIC HANABI FESTIBAL IN OKINAWA】

沖縄本島中部にある西原町で12月のクリスマス前に行われます。
2015年が第二回と、まだ新しい花火大会です。

10000発がクリスマス音楽に乗せてロマンチックに打ち上げられるので、
ファミリーはもちろん、特にカップルの人気が高いです。

2016年のスケジュールは未発表ですが、こちらもかなり人気が高いと思われます!
気になる方は早めにチェックしてください!
運営ボランティアをすると入場券が貰えるキャンペーンを今年も行うかもしれません。
(2015年のボランティア募集開始は10月下旬から)

開催日:12月のクリスマス前の週末(雨天決行・強風など悪天候時は翌日に順延)
会場:西原・与那原マリンパーク
打ち上げ数:10,000発
開場:13:00 開始:19:00
駐車場:前売り1100円 当日1200円(たいへん混雑するため前売り券購入がおすすめ)
入場料:大人 前売り2700円/当日3300円~前売り43200円/当日45600円(4名用SS席)
小・中学生 前売り2200円~(指定席の場合は子供料金なし)
※前売りで完売した場合は当日券販売なし
詳細・問い合わせ先:http://www.ryukyu-kaiensai.com/xmas/

※データは2015年のものですが、上記サイトのお問い合わせフォームはまだ使えるようです。

 

 

【沖縄の花火大会のポイント】

昼間に大きな空と美しい海を眺めた後の花火は、また格別です。
夜は沖縄に満ちた濃密な「気」をより強く感じられる時間。
沖縄県民や外国からの観客と一緒に、沖縄の夜を楽しんでください。

沖縄は海風が強いので、予想以上に寒く感じることがあります。
風が雨雲を運んでくるため急な雨もよくあるので、重ね着と上着の準備もお忘れなく!

チケットを取れそうにない場合は、
ホテルの人などに「入場しなくても見えるスポットはない?」と聞いてみましょう。
(ヒミツの場所は教えないかも…?見通しが良いので、遠くからなら見えそうです)
(当日、周辺の違法駐車の取り締まりは厳しくなるので、注意)

 

沖縄以外の花火大会情報は、こちらのサイトに寄稿しています。
TRAVEL-STOCK
夏の風物詩 全国の花火大会【九州編】
夏の風物詩 全国の花火大会【中国・四国編】
夏の風物詩 全国の花火大会【関西編】
夏の風物詩 全国の花火大会【東海編】
夏の風物詩 全国の花火大会【関東編】

 - ★沖縄, ■旅行に役立つ豆知識 , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
stats
for wordpress