フリーランスの支払い受け取り方法、こんなサービスで!

 

クラウドソーシング会社を利用すると、いろんなお仕事募集を見て探すこともできますし、実績を重ねていけばスカウトをいただけたりもします。でも、しばらく続けていると、ちょっと思うことが出てきます…

 

 

クラウドソーシングだと、
クライアント様が支払った金額から
「システム手数料20%」が引かれます…
1件の契約で10万円だったかな?越えると、
越えた分だけは別計算でシステム手数料10%になるようですが…
1件10万円になる案件なんてめったにありません!

1000円の案件なら、自分がもらえるのは800円。
これは大きいですよ…

クラウドソーシング会社を利用していると、
クライアント様となにかトラブルがあった場合
会社にフォローしてもらえるメリットもありますが…

 

l_209

 

そのリスクは承知で、
なんとか直接、仕事を受注できるようになれないか?
考えちゃいますよね。
(クラウドソーシング会社では、
そこを介して出会ったお相手との直接取引は厳禁とされています)
(そのルールに、法的な拘束力はあるのか?
おそらくないようですが…
そのサイトでお仕事できなくなる可能性はあります…
ばれたら

直接取引できるお相手を見つけられるとしても、
お金のやりとりはどうすればいいんだろう?
個人の場合、そこがネックになりますよね。

1つは、Paypal経由で請求し、払っていただく方法。
双方の信頼関係が前提となります。
請求書を作成するにあたり、
自分の本名と住所が請求先に公開されます。
お支払い方法はクレジットカードのみ。
シンガポールの法人で、
日本語のメール・電話サポートもあります。
(日本語は、チョットまだあやしい感じです… がんばって!)

 

もう1つ、今日見つけたのが
サービスを売買するサイト「ココナラ」です。

Capture232

絵やイラスト、文章、システムなどから電話代行まで、
WEBや電話を使ったサービスを売買することができます。

ためしに出品してみました!
ある程度の実績を積まないと、
出品価格を500円から変更できないですが…
このサービスを実際に利用することになったら、
また書きます。

 

国内・海外の旅行ジャンルのライティング

ちなみに、プロフィール画面に自分のサイトを3つまで登録できます。
そこからサイトに訪問してくれる人がもしかしたらいるかも…
それだけでも登録するメリットあり!

追記!!
ココナラはシステム手数料が30%です。
入金は毎月5日・20日で、振り込み手数料は160円です。

(3000円以上の振込依頼だと振込手数料は無料)
(出品者実績を積んでランクが「エキスパート」以上になると、
おひねり(単価とは別に購入者が追加で払うもの)と
有料オプションの手数料が30%から25%に下がるとのこと)
つまり、基本単価からは必ず30%が引かれます。
おひねりは必ず払ってもらえるものかどうかは…?
(定価部分の手数料は30%です)

クラウドソーシングのランサーズやクラウドワークスだと、
システム手数料は20%、
振り込み手数料は楽天銀行なら1回50円です。

「システム手数料が高い」
という理由での直接取引を希望するなら、
ココナラを利用してもあまり意味はないですね…

でも、
「お仕事を請けるチャンスが増える」
「クライアント様に別の決済方法をお願いする」
などは可能です。
メールアドレスのやりとりは禁止されていません。
(実際に会う・電話番号のやりとり・郵送するサービスは禁止です)

また、上記のように
「自分のサイトをアピールできる」
というメリットもあります。

また「これは共有すべき情報」と思うことがわかったら、
追記、または別記事で書きます。

 

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村    ランキング参加中!クリックお願いします。

 

 

■WEBライター・ブロガー・アフィリエイターカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。