元・海外旅行ツアコンの「添乗員ノート」

元ツアコンの添乗員ノート:「添乗員の目線」で見ると、世界はもっと面白くなる!

*

北朝鮮に観光ツアーで行ける【1】

      2016/01/11

 

2016年、新年早々、北朝鮮が水爆実験を行ったとの報道がありました。日本と国交がなく「近くて遠い隣国」ですが…実は観光で訪れることも可能です。

 

【北朝鮮に日本発直行便のツアーで行きました】

1028111184_d35cc51c6b_b

North Korea — Pyongyang, Arirang (Mass Games) by (stephan)

北朝鮮に観光で行けるって、あんまり知られていないかもしれませんが…実は日本発のツアーもそれなりに出ています。2013年頃から北朝鮮は外国人対象の観光業に力を入れ始めたようです。

訪朝観光客は中国人がメインですが、日本からも年間100~150人の訪朝があるとのこと。2015年位から北朝鮮ツアーを販売する日本の代理店が増えたと言われているので、もっと増えたかもしれません。

注)外務省安全情報では全土が「レベル2:不要不急の渡航はやめてください」とされています。

現在募集しているツアーを見ると、だいたい、北京経由で4泊5日パターン。日本発のツアーに参加しない場合は中国発のツアーに申し込み、中国から北朝鮮に入国するのが一般的のようです。

しかし、私はたまたま、日本-平壌の直行便利用のツアーの添乗をアサインされたことがあります。もう20年位前ですが…在日朝鮮人が里帰りするためのチャーター便に空席が多かった時に、日本人を対象に企画募集された特別ツアーでした。

北朝鮮ツアーを販売している旅行会社のツアー情報をフォローしていれば、直行便利用のチャンスが巡ってくるかもしれません。

 

北朝鮮のビザは?

日本と北朝鮮は国交を結んでいないので、原則的に在外公館のある国の旅行業者に必要書類を送って代理申請・取得してもらう必要があります。私が直行便で行った時には、どういうルートでビザを取得したのか不明ですが、チャーター便でツアー企画募集するくらいなので北朝鮮とパイプのある旅行社だったと思われます。(イレギュラーなお仕事だったので、会社名を記憶していません)

正式には査証ではなく、「観光証(ツーリストカード)」と呼ばれるもので、パスポートとは別の紙で発行されます。北朝鮮の旅行会社が手配する旅行の契約が前提で申請可となります。

また、警官や軍人(日本人の場合は自衛隊員)、フリーランスを含むジャーナリストは不可とされています。私は当時、まだライターではなく添乗員だったので、問題なしです。

 

ツアー内容は?

外国人が北朝鮮を訪れても、すべてを見ることができるわけではありません。決められたコースで、決められた場所にしか行くことができません。

私が行った当時、日本では北朝鮮で餓死者が多発していることを盛んに報道していましたが、ツアーの食事はゴージャスでした。首都平壌はもちろん、バス移動の道中や郊外の観光地でも、貧しさを感じさせる風景は一切出てきませんでした。

詳しい内容は次の記事「北朝鮮に観光ツアーで行ける【2】」に続きます。

 

 - ★アジア , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
stats
for wordpress