【Twitterツール】twittbotとツイ助どっちがいい?比較検証

 

前の記事「Twitterでフォロワーを増やす6つの方法」で書いたように、私はずっとtwittbotを利用してきました。よくプロフ文で見かける「ツイ助」も気になっていたので、試した結果をレポートします。

 

 

【ツイ助のメリット1: リムできる数が多い】

c5d7cab7

片思いリスト機能(自分はフォローしているのにフォローされていないアカウントを一覧表示し、フォロー解除する機能)は、twittbotにもツイ助にもあります

twittbotの場合、1日にリムできる数は無料会員で20、有料会員だと2000です。

 

logo

ツイ助は無料会員でも、リム制限はないようでした。今日、1アカウントの片思いリストから数百を一気にリムし、その分、別のアカウントを新たにフォローすることができました。

1日または短時間内に大量のリムとフォローをすると、アカウントが凍結される恐れがある、という警告文は表示されていました。今のところ凍結されていないようですし、twittbotの有料プランでは2000まで解除できるということは、2000位までならセーフ?かもしれません。

ツイ助のメリット2:片思いリストの機能が多い

c5d7cab7

twittbotの片思いリストはプロフ文・ツイート数・フォロー数・フォロワー数のみ表示され、フォローが新しい順の表示です。古いフォロー分から解除したいですが、その場合は「次へ」をクリックしないと見ることができません。一番古いフォロー分のリストを表示させるためには何度も「次へ」をクリックする必要があります。

 

logo

ツイ助の場合、プロフ文・ツイート数・フォロワー数に加えて、アカウント作成日と最新ツイートのタイミング・内容を片思いリストで見ることができます。それによって、そのアカウントがアクティブか、フォロワーを増やすためのアクションを活発に行っているか、見当をつけることができます。

また、リスト下にページインデックスがついているので「最後」をクリックすれば、古いフォロー分からチェックしてリムっていくことができます。

 

◆片思いリストの機能・使いやすさはツイ助の勝ち!

 

ツイ助のメリット3:プロフィール検索

logo

プロフィール検索はtwittbotにはない機能。新たにフォローすべきアカウントを探すことができます。検索キーワードと含めないキーワードもそれぞれ複数指定可。Twitter内の検索では出てこないアカウントもヒットします。

ヒットしたアカウント一覧にはプロフ文・ツイート数・フォロワー数・アカウント作成日が表示されます。これによって、そのアカウントがアクティブか、相互フォロー支援に力を入れて活動しているか、見当をつけて、良さそうなアカウントを選んでフォローすることができます。

エラーでフォローできないアカウントも多いですが… フォロワー数が多いアカウントでエラーになることが多かったので、凍結されてしまったアカウントかも。

 

 

ツイ助のデメリット1:自動リフォロー機能なし

logo

「ツイ助を利用して自動リフォローしています」と書かれたプロフィールをよく見かけますが、ツイ助の自動リフォロー機能は現在、なくなっています

Q.自動フォロー返し機能が見つかりません。

A.Twitterのルール変更に伴い削除されました。

よくある質問 | クラウド型 twitter多機能管理サービス「ツイ助。」

 

twittbotには2016年1月現在では、まだ自動フォロー返し機能があります。

 

ツイ助のデメリット2:自動ツイートの設定が手間

c5d7cab7

twittbotの場合、「詳細設定」から、何時間置きにツイートするかを選ぶことができます。ツイート内容の編集も簡単です。最短だと30分間隔、1~12時間間隔、24時間間隔を選択可能。ツイート順は登録順かランダムを選択できます。

ただし、自動ツイートに設定している全てのツイートに適用されてしまい、ツイートごとの設定はできません。

 

logo

ツイ助の場合、ツイートごとにツイート開始日時、「繰り返しなし・毎日・毎週・毎月・毎年・曜日」を選択して設定が可能です。それはメリットですが、逆に言えば「1ツイート登録ごとにそれを設定しないといけない」というデメリットでもあります。

 

ツイート開始日時はデフォルトでは現在の日時が入ってしまうので、そこを設定しないと、連続でいくつものツイートが設定されてしまい、タイムライン荒らしになりかねません。

(翌日以降も連続でツイートされてしまうのではないかと思います。同アカウントからの同時・連続ツイートがタイムラインに表示されることもよく見かけるので…思わずミュートしたくなります)

開始時間をずらして登録すれば、ある程度間隔を置いて沢山のツイートをフォロワーのタイムラインに流すこともできますが、最初の設定がちょっと手間ですね。

 

登録したツイート内容は編集できないので、そのままではダメになった場合、停止か削除して、新たに登録しなければなりません。(1ツイートごとに停止・削除できる機能があるのはメリットかも

 

このように、「ツイ助のデメリット」と言い切ることはできませんが、

「細かい設定が可能な分、自動ツイートの設定に手間がかかる」ということで、私は使いにくさを感じました。

 

 

【ツイ助とtwittbot どっちがいいの?】

ツールを利用する目的にもよりますが…

◆私のように、「宣伝したい内容にタイミングは関係ない(自動ツイートの細かい設定は不要)」の場合はtwittbotが使いやすいと思います。

◆お店のように「毎週○曜日が特売デー!」みたいなツイートをしたい場合は、ツイ助がおすすめ。

◆片思いリスト、新規フォローを探す場合、機能していないフォロワーを見分けてリムる場合はツイ助がイイです。

 

結論:利用目的に合わせて上手に併用が◎!

関連記事:
ツイッターのアカウント凍結を防ぐには?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

 

■WEBライター・ブロガー・アフィリエイターカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。